やきもの動物園
動物モチーフの作品 キリン パンダ 象 動物園
森さん2
うめだ阪急10F中央街区7(tetote内) この前のところではありません 中央レジの隣 
3月25日~4月7日

DSC05136.jpg

DSC05141.jpg



ルクアイーレ1Fイセタンシーズナルセレクション(手作り市場内)
4月2日~21日

DSC05183.jpg

スポンサーサイト
富士山
文鎮 豆皿 ミニ壺

①富士山型の文鎮 動物が登っている
4 (5) - コピー

登る
DSC05176.jpg

②富士山の絵皿 下のタッチで
DSC04768.jpg

生地は 雲かハート(豆皿)
DSC05177.jpg

スケッチ (サーカス)
DSC05166.jpg

③アロマスティック 壺の部分を富士山で
DSC05170.jpg

続きを読む
ご参考
1.jpg


2.jpg


3.jpg


4.jpg


5.jpg


7.jpg


球春
昨年の今頃は開幕を迎えるのが怖かった
タイガースの不安でいっぱいでした
今年は不安もなく安心、補強はなかったが、鳥谷の残留が大きい
安心できるタイガースは面白みに欠ける、贅沢ですが

今年はタイガース以外に応援したい人が
松坂大輔です
高卒プロ1年目で最多勝、WBC連覇に貢献、そしてメジャー期待通りの活躍
あれだけの剛速球を投げ続けても故障しない、さすが平成の怪物
そんな松坂を当たり前のように思っていた

その故障しない松坂がヒジ痛、手術を受けることに
その時ももとの松坂に戻ると私は深刻に思ってませんでした、なんせ怪物ですから

結果は見ての通りです
怪物のまま終われませんでした

子供のころマラソン中継をよく見ていました
瀬古が無敵の時です、瀬古は絶対に負けない、そう思っていましたし実際にそうでした
その瀬古がロサンゼルス五輪で苦しそうな顔をして後退した時を思い出します

復帰後はかつてのスピードもきれもなく、投球フォームもこじんまりしていた
見るに忍びない
このまま引退するのかなと思っていました

それが今回の日本復帰
メジャーで通用しないから、それだけの年棒に見合うのか、いろいろ言われることを承知で
同じく復帰した黒田との比較もされる

解説者からはフォームがバラバラ、よくて7勝、2桁は無理
完全に逆風である

この逆風状態、小保方さんを思い出すのは私だけでしょうか

かつて野球を盛り上げてくれた
あれだけ体を酷使したからこそWBC連覇で盛り上がったのだから
今度は松坂を応援して恩返しをする番です
そんなにみんなで責めないで

福本さんが松坂は大丈夫と言ってくれた
救われる

DSC03847.jpg